心の豊かな未来にむけて

40年超の豊富な経験と実績

 当園は昭和21年、戦後の母子寮を背景として設立され、昭和44年に母木保育園とされて以来40年を超える年月の間、 「陽気ぐらし」の天理教教義に基づく信条教育を母体に心の通う保育を実践してきております。その豊富な経験と実績は、園児保護者や地域周辺の皆様より高い評価を受けており、現在におきましても弛まぬ努力により保育品質向上を目指すとともに、積極的に家庭援助、子育て支援に携わらせていただいております

DSCF8342.JPG

 

精鋭スタッフによる高い保育品質

 当園の保育スタッフは、短大以上にて保育専門課程を終了したキャリアを持つ高い技術を持った精鋭揃いです。常に研修、セミナー、勉強会など保育研鑽を心がけ、技術力向上により保育の質を高めています。、また給食調理をはじめとするサポートスタッフにおいても高い専門知識を兼ね備えた人材を配置しており、"食育"の実践を推進しております。

スタッフ自身の”こころ”のケアも深め「感謝・慎み・たすけあい」の精神のもと、豊かな愛情と喜びのこころをもってこどもに接し、子どもたちの処遇向上を知識の修得と技術の向上とともに推進します。

DSCF8367.JPG

”こころ” と ”からだ” のバランスを重視

【教育・保育理念】

 ・子どもの人権や主体性を尊重し、元気な明るい子どもを育てる保育を提供する

 ・児童の最善の幸福の為に、教育・郷育・共育による心豊かな児童福祉を積極的に増進し、

  あわせて地域における家族援助を行う。

【教育・保育方針】

  ・基本的な生活習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培い、一人ひとりの子どもの生育や発達

   状況を踏まえ、養護と教育が一体となった保育を行う。

  ・乳幼児の保育は、小学校以降の教育の基礎を培うものであることを踏まえて、集団生活の中で

   自分や友だちを大切にし、お互いに協力し合って、より良い未来を作り出す力の基礎を培う。

【保育目標】

  ・命を大切にする子

      様々な体験を通して、命・自然及び社会事象に対する興味や関心を持ち、

      自分を大切にする子ども

  ・元気で明るくお友だちと仲良くたすけあう子

      元気いっぱいで、心身共に健康で安全な生活ができ、よく考えて自分の思いを伝え、

      友だちの考えも聞ける子ども

  ・ものを大切にする子

      思いやりや優しい気持ちが持て、情緒豊かな子ども

 

ひとりひとりの園児に対して、”こころ”と”からだ”のバランスのとれた育成を心がけます。ひとりひとりの個性を引き出しながら、周囲の人とたすけあう人間関係や、ものを大切にすることで何にでも「感謝」できる資質に育ちます。

DSCF8404.JPG

母木保育園の特色  裸足保育 (昭和58年より実施)

 現代の子どもたちは、全体的に体格はよくなってきていますがその反面、背筋力の低下、骨折の増加、転んでも手が出ない 等の問題点が上げられ、その一因として"土踏まずの形成"の遅れが取り上げられています。体力づくりの基礎である"裸足で歩くことが如何に大切か""土踏まずは第2の心臓"という事を原点に、昭和58年4月より土踏まず形成のために裸足保育を実施しています。

<裸足保育実施要領>

  室内・園庭は裸足(入室前には足を洗う)

  風邪などで体調不良の時は靴・上履をはく(保護者からの連絡、保育士の視診触診による判断による)

  冬季は可能な限り裸足を敢行するが天候、気温を考慮し可否判断

  年2回(5月、3月)足型をとり年度末には展示する

  卒園児には入園時と卒園時の足型のコピーを贈呈

「足に足として機能を持たせる」ために、裸足でしっかりと大地を踏みしめる機会を多く持てるような活動を保育に取り入れています。

DSCF8514.JPG DSCF8453.JPG

▲このページのトップに戻る